浮浪草は

ふと思いつく
言葉がある

そして

その言葉から
想いが浮かぶ




両親が亡くなって
何となく随想から
離れていた